通販でレビトラを購入しても服用できない場合があります

ED治療薬について

EDによる悩みを解決してくれるED治療薬。日本で認可されているED治療薬はあまり多くありませんが、それぞれ異なる特徴を持っています。今回はその中でも特に人気の高いED治療薬をランキング形式で紹介してしていきます。

人気のED治療薬

no.1

シアリス

ED治療薬で最も人気が高いのはシアリスです。シアリスは日本で3番目に認可されたED治療薬で、一番新しい治療薬になります。効果の持続時間が長く、副作用を発症する可能性が低いといった特徴があります。

no.2

レビトラ

次にランクインしたのがレビトラです。レビトラは日本で2番目に認可されたED治療薬になります。即効性が高いという特徴を持っていて、早い場合だと服用してから数十分で効果を実感することができます。

no.3

バイアグラ

最後にランクインしたのがバイアグラです。バイアグラは日本で始めて認可されたED治療薬で、最も古い治療薬になります。もともとは狭心症の治療薬として開発されたもので、EDにも効果が期待できるとして、ED治療にも利用されるようになりました。

服用できない場合

股間を押さえる人

レビトラを服用できないときってどんなとき?

通販で購入できるレビトラですが、服用できない場合があります。まず、過去にレビトラを服用してアレルギー反応を起こした方は利用できません。また、心血管系障害などが原因で性行為自体を控えるように言われている場合も服用しないようにするべきです。またレビトラは薬なので肝臓に少なからず負担がかかります。なので、肝臓に障害を抱えているかたも服用するべきではありません。

併用してはいけないものを確認しよう

また、レビトラと併用してはいけない薬もあるので注意が必要です。代表的なものとして硝酸剤があげられます。硝酸剤は心疾患の治療などによく用いられるものですが、これをレビトラと併用してしまうと最悪の場合命を落としてしまう危険性があります。なので絶対に併用しないようにしましょう。また、硝酸剤以外にもレビトラとの併用が禁止されている薬があるので、しっかりと確認してから服用するようにしてください。

EDに関する疑問

どういう状態がEDになりますか?

性行為が満足に行えない状態になってしまったらEDだと判断できるようです。EDは人に相談しにくい症状なのでEDで悩んでいる人はあまりいないと思ってしまいがちですが、実は50代以上の実に2人に1人がEDの可能性があると言われています。

EDは治りますか?

EDを完治させるのはなかなか難しいと言われています。というのも、EDを完治させるには原因を突きとめ、原因を取り除き、男性としての自信と取り戻さないと完治しないと言われているからです。

若くてもEDを発症する可能性はありますか?

EDには年齢が大きく関係してきますが、若い人でも発症してしまう可能性は大いにあります。EDは加齢や病気だけが原因となるわけではなく、心理的な要因でも発症してしまう可能性のある病気です。トラウマになるような出来事や大きなストレスを感じると若い人でも発症してしまう可能性があります。

広告募集中